FC2ブログ
【旧】専大スポーツWeb-専修大学体育会情宣局編集部-
すべての著作権は専大スポーツ編集部に帰属します。Blog内に掲載の記事・写真・その他全てのコンテンツの無断転載・利用を禁じます。

2019/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
駒澤大との第2戦は、3対2で逆転勝ちをし、明日の第3戦へと繋げた。
先発・安藤大祐(商4・専大北上高)は
ando.jpg
初回、先頭打者にヒットを許し、犠打とワイルドピッチで1死3塁となると、相手の3番打者にスクイズを決められ、1点を先制される。

追いつきたい専大は4回2死から4番秋月翼(経済3・佐久長聖高)の値千金のレフトへのソロホームランが飛び出し、同点。
akituki.jpg

試合はふりだしに戻るが
しかし、その裏に2本の二塁打ですぐさま1点リードされてしまう。
専大は5回から8回まで相手投手に1安打に抑え込まれ、なかなか反撃できないまま、9回に突入する。
だが9回にチャンスがチャンスは訪れる。
この回、先頭の1番山田晃典(経済4・金沢高)がライト線への二塁打を打ち、2番小牧卓央(経営3・鹿児島実業高)がファアボールを選び、チャンスをつくると、3番馬場強司(商4・東邦高)がしっかり犠打を決め、チャンスを広げる。
このチャンスに4番秋月。
akituki2.jpg
周りの期待がかかる中、期待どおりのレフト前への同点タイムリーを放つ。
なおも1死1・3塁で5番栗田将治(経営2・小松島高)が打った打球はバットが折れ、セカンドゴロ。しかし、詰まったおかげで、ダブルプレー態勢の内野陣はホームに投げれず、1点を追加し、ついに逆転に成功する。
kurita.jpg
最終回、安藤は三塁打を打たれるも守りの攻守や我慢強い投球で9回を投げ切り、完投勝利を挙げた。
ando2.jpg

試合後のコメント
長谷成泰監督
「昨日からなかなか打てなかったが、良く粘ってやってくれたと思う。今日、いい形で勝てたので、このまま粘り強く、簡単には勝たせてくれないと思うが、明日も勝利を目指して頑張りたい」

馬場強司主将
「今日は勢いに乗る勝ち方をしたので、明日勝たないと意味ないので、今日みたいな展開にして、勝ち点を取りたい」

秋月翼二塁手
「相手は格上だったので、気持ちで勝ちました」

勝ち点1と争う大事な試合は、明日10時より神宮第二球場で行われます。
(佐山竜太・経済2、森住綾・文1)
スポンサーサイト



トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensupo.blog11.fc2.com/tb.php/232-04f02ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック