【旧】専大スポーツWeb-専修大学体育会情宣局編集部-
すべての著作権は専大スポーツ編集部に帰属します。Blog内に掲載の記事・写真・その他全てのコンテンツの無断転載・利用を禁じます。

2008/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の試合の日程が決定したようです。

4月20日(日)10:30~VS武蔵工業大 AT川崎球場
5月3日(土)12:00~VS関東学院大 AT川崎球場
5月11日(日)14:30~VS法政大 AT川崎球場
5月25日(日)13:00~VS東北大 AT川崎球場
6月1日(日)14:30~VS中央大 AT川崎球場
6月15日(日)13:30~VS近畿大 ATアミノバイタルフィールド

以上になります。
皆さん、時間が出来ましたらぜひ我らが専大GREEN MACHINEを応援に行きましょう!
スポンサーサイト
DSC_0133mini.jpg
▲ゴール直後の郷間。清々しい笑顔をみせた

「本当は今日1位を取りたかった。箱根の結果はああだったけれど(14位)、今日は5人で楽しく走って、最後にみんなで笑えてよかった」(郷間)



 
 3月16日、「2008多摩川リバーサイド駅伝in川崎」が行われた。(会場:川崎市古市場陸上競技場、コース:多摩川河川敷マラソンコース、川崎市高等学校駅伝大会同時開催)。
 
 11時50分スタートのロングの部に、専大陸上部から5名が特別ゲストとして参加したほか、引退した4年生チームもオープン参加するなどのサプライズで会場を沸かせた。下級生チーム、4年生チームの順に、ダントツの速さで1・2フィニッシュ。招待のため表彰の対象にはならなかったが、表彰式ではプレゼンターとして出席した。
 
 最後には4年生が一言ずつ挨拶し、普段から練習場所として走ってきたこの川崎市と、温かい目で応援・支援してくださっている市民の皆さんに感謝の気持ちを述べ、胸を張って後輩たちに次世代を託した。4年生にとって専大生としての最後のレースになったであろう今日、選手たちは“走る喜び”を体中から溢れさせ、非常に気持ちの良い大会となった。


【ロングの部・説明】
5区間26㎞ (1区10㎞、2区5㎞、3区3㎞、4区3㎞、5区5㎞)


【出場選手】

下級生チーム
1区 小俣翔(文1・桂高)
2区 佐藤優気(商1・黒沢尻工高)
3区 五十嵐祐太(文1・荏田高)
4区 高松裕史(営2・新湊高)
5区 瀬崎裕次(営1・作新学院高)

4年生チーム
1区 座間紅祢(商4・藤沢翔陵高)
2区 柴内康寛(営4・横浜高)
3区 米山昇吾(経済4・堀越高)
4区 草野建(商4・鳥栖高)
5区 郷間章(法4・那須拓陽高)


DSC_0018mini.jpg
スタート直前、特別ゲストとして壇上で挨拶

DSC_0034mini.jpg
1区スタート、座間・小俣

DSC_0057mini.jpg
トップで中継。4年生チーム座間→2区柴内

DSC_0069mini.jpg
下級生チーム小俣→2区佐藤

DSC_0090mini.jpg
4年生チーム、3区米山

DSC_0094mini.jpg
下級生チーム、3区五十嵐

DSC_0099mini.jpg
下級生チーム、4区高松

DSC_0100mini.jpg
4年生チーム、4区草野

DSC_0107mini.jpg
下級生チームフィニッシュ!瀬崎

DSC_0130mini.jpg
続けて4年生チーム、郷間がフィニッシュ

DSC_0153mini.jpg
レース終了後、専大チームで

DSC_0182mini.jpg
プレゼンターとして参加した表彰式

DSC_0198mini.jpg
参加したランナーの皆さんとコミュニケーション



また、先日行われた三浦国際市民マラソン(柴内が優勝)の記事も更新しました。
こちらも是非ご覧ください!
三浦国際市民マラソン



(松本 かおり・文2)




 3月6日、リーダースキャンプ2日目に行われた講演会の模様をお伝えしたいと思います。


講師:村田亙氏 (ヤマハ発動機株式会社 ラグビー部)
       
 『トップアスリートとしての軌跡』


DSC_0253_249mini.jpg


【村田亙(むらた・わたる)氏の略歴(一部抜粋)】

1968年、福岡県生まれ。専修大学出身。日本人初のプロラグビー選手。ポジションはスクラムハーフ(SH)。

東福岡高→専修大学(主将として関東大学リーグ優勝)→
東芝府中ラグビー部(日本選手権3連覇)→この間3大会連続で日本代表として
ワールドカップ出場→
日本人初のプロ選手としてフランスのバイヨンヌへ移籍→ヤマハ発動機ジュビロ入団→
日本代表復帰→7人制ラグビー日本代表兼コーチ就任→
現役引退、7人制ラグビー日本代表監督就任、現在に至る





 「ゲームをしよう」。その言葉で講演会は始まりました。二人で組んで、相手の頬を叩いたら勝ち。お互いに必死に防ぐ。何度かそれをしたあと、村田さんの話がスタート。どの学生も、講演会開始前よりも随分とリラックスした表情で、席に着きました。
DSC_0255_251mini.jpg

DSC_0259_254mini.jpg


 「僕も大学生の頃、主将としてこのリーキャン(リーダースキャンプの略)に来て、いろんな部の主将たちと名刺を交換したり、話したりしました。僕にとっても、リーキャンというのは思い出の行事です。その頃専修には岡林・杉山・武藤と3人のすごいピッチャーがいたり、スピスケには黒岩という選手がいたり、アメフトも強かったり、とにかく体育会全部が強くて、僕にとって体育会は誇りでした」

 その言葉のあと、まず10分間のビデオが流れました。村田さんが海外に挑戦するときに、自身をアピールするためにつくったというものです。

DSC_0265_259mini.jpg

DSC_0271_264mini.jpg


 「30代で、海外に挑戦した理由を話します。91年のW杯初戦のスコットランド戦に、同じポジションのライバルだった堀越(正巳・現立正大ラグビー部監督)ではなく、僕が出たんです(9-47で負け)。唯一白星をあげたジンバブエ戦、僕はベンチで見ていただけだった。すごく出たかった。そして日本に帰ってきたとき、日本のメディアは“どうして初戦から堀越を使わなかった?”といいました。だけど海外のメディアは違った。“どうして2・3戦目、村田じゃなかったんだ?”だったんです。そのとき僕は、“海外の方が、見る目がある”と、プラスに考えた。
 それから、スコットランドのクラブからオファーが来ました。それはうやむやに終わってしまったんですが。そしてその頃、東芝府中ラグビー部で日本選手権の3連覇を果たしました。それで僕の(日本での)役目は終わったと思った。その時、イギリスが日本人のいい選手を探していました。イギリスは早くからプロ化も進んでいた。イタリアも僕のことを面白がってくれ、フランスも香港セブンス(7人制ラグビーの国際大会)の時に知った人がいて、話が来た。
 それで僕は、マネージャーと一緒に「世界を見たい」と周りには言って、フランスに行きました。するとフランスはまだぼくの練習も見ずに、すぐに契約しようと言ってくれた。どうしてかというと、香港セブンスのときにアビロン・バイヨンヌというチームののGMで、フランスの団長でもあった方が僕のことを見て覚えていたんです。でも、スパイクも持ってきたのだから、プレーを見てほしいと頼んだら、“もちろん、生で観たいしやろうか”、となった。それで、スパイクに足を通すと、震えるんです。日本ではこんなことはなかった。“亙しっかりしろ”、と自分に言い聞かせました」

 「31歳、東芝府中での引退試合(対クボタ)を終え、その約1ヶ月後、正式にフランスへ移籍したのですが、そのときちょうどまたW杯(99年)がありました。そこで評価を得て、フランスへ行きたいと思ったのですが、99年、ニュージーランド代表スクラムハーフのバショップ(グレアム・バショップ)が、同じポジションに来ました。それでもそれをネガティブには考えないようにした。こんなすごい選手と一緒にやれる、楽しもう、吸収しよう、と思っていました。バショップと最初に握手したとき、自分も大きい方なのに、彼の手はグローブのように大きかった。プレーでは自分が勝っているところもあった。でも彼は“精密機械”のように正確なプレーをした。この時の経験が、自分自身のパワーアップにもつながったと思っている。“この借りはフランスで爆発して返す”、と誓った」


 そして村田さんはフランスへ。その途端、思いもよらない機会がやってきました。

 「フランスに行って1週間(正式には10日)くらいでデビュー戦でした。スクラムハーフがキャプテンで、能力が高いのですが、チームとしては少しマンネリ化していた。そこで僕のことを起爆剤として入団させたようなところがあったのですが、思いもよらず僕が行って3日で、そのキャプテンが怪我したんです。メンバー発表(ミーティング)で“僕を使う”と言われた」

 「フランスに行ったら、しばらくは慣れて、それから試合だろう、という風に正直なところ思っていた。だけどこのピンチはチャンスだ、やるしかない。そう思った」

 ここで講演会会場モニターに、スポーツキャスターの長嶋三奈さんが、フランスまで村田さんを取材に行った、「村田亙 一人革命」という、ニュースステーションでの特集の映像が流れます。


“堀越正巳(前出)が「つなぐ」型ならば、村田は「超攻撃」型のスクラムハーフ。”

フランスでのデビュー戦、このとき31歳。
“先制点を決めたのは名前も分からぬ外国人選手でした”。それは村田さんでした。2トライ目も奪取。


 そこで村田さんは画面からマイクに戻り、

「このとき話せた言葉は“ありがとう”だけ。練習でも、キョロキョロキョロキョロしているでしょう」

フランスに行ったばかりの頃の練習の映像を観て、懐かしむように語られました。

 
 「いきなりこういうプレーが出来て、最高の形でデビュー出来たわけですが、そのあとが大変でした。だけど、僕には“ラグビーでは負けない”という自信があった。言葉などはあとからついてくるものだと。2シーズン目には、普通に会話が出来るようになった。フランスで何を学んだか、ひとことで言えば、タフになった」

 「1ヶ月して、家族もフランスに呼びました。そのときには長女もいた。そのころバイヨンヌには日本の家族は3軒しかなかった。家族もこっちに呼んで、もう、僕がやるしかないんだ、と思った。僕が勝って、給料を上げるしかない。失うものは大きい、けど戻ってくることも大きい」


 ここからは会場のリーダーたちに向けての具体的な話に。

 「“世界で、ラグビーで活躍する”、小6のときの文集に書いていました。そのとき僕はチームで補欠。身長も130センチしかなかった。高2のときから、監督に認められ試合に出た。その頃、試合前必ず監督から言われていたことが、“好きなようにやってこい、好きなようにゲームを楽しめ”、でした。楽しいから続けられた。目標を高い位置に設定して、計画を立てた。あとは実行するだけ。楽しんでやらないと、間違った方向に行けば、それは無駄な努力になってしまう」

 「盛り上げたり、声を掛け合うような場をつくるのはもちろん、ラグビー以外のところで、学校にちゃんと行き、文武両道であること、それがリーダーとして必要だと思います」


 村田さんは先月の2日、トップリーグ最終戦の対東芝戦を最後に、現役を引退。
ここまで続けることのできた要因をふたつ挙げました。

 そこにはもう一人の、挑戦し続けるトップアスリートの存在がありました。

 「40歳まで続けた1つの要因は、とにかく負けて終わりたくない、勝って終わりたい、というのがあったからです。あともう1つは、隣のゴン中山(中山雅史:プロサッカー選手・ジュビロ磐田FW、同会社のラグビー部とサッカー部という関係)です。ゴンがいたからここまで続けられた。ヤマハに移籍したときからメールを交換し、切磋琢磨し合った。共感できることがたくさんあった。お互いの友情は途切れることなく、引退試合には彼が登場するというサプライズをしてくれました」

 「引退した理由は、同じポジションに日本代表が来たことと、そしてこれは引退表明のときは言わなかったのですが、目の焦点が合わなくなっていたからです。左方向の視界がダブるようになり、そろそろ辞め時だと思った。一生続けたいと思っていました。でもここまできたらすっきりと辞めたい。今度は指導者として、一番を目指したい」

 村田さんは力強くそう言い、そして最後はこう締め括られました。

 「君たちのリーダシップにかかっています。監督たちとも根本まで話し合ってやっていくこと、そして専大全体を盛り上げていくことも考えてやって欲しい。体育会の環境、ラグビーだけでなくて全体のことですが、例えば、伊勢原から大学まで通学に1時間以上かかるところを、伊勢原から近くの大学と提携して、そこで単位を取れるようにするなど…ぜひとも先生方、検討していただきたいです(笑い)。みなさん、どんどん友達の輪を広げてください」


 最後に村田さんが引退したときにヤマハが作ってくれたというビデオを観て、講演は終了。

 ラグビーへの情熱と、母校への愛あふれる貴重なご講演、ありがとうございました。






【村田さんへ質問タイム!】

 ~講演後、学生や職員から、様々な質問が飛び出しました~


DSC_0287_272mini.jpg


―怪我をした人と、その周りの支える人のモチベーションというか、気持ちの持ち方は?

 「僕は怪我が多かった。90年代、東芝で、3年間のうちに右肩を7回脱臼しました。7回目でメスを入れたんですが、とにかく体力が落ちるのが嫌でした。大きな怪我の2つ目は、あごの骨折で、砕けてしまったので、すぐ手術して下顎と顎間接にプレート4枚とビスを合計16本入れました。大切なのはすぐに治る方法を聞くことで、僕の場合それが手術だったのですぐにしました。とにかくラグビーが好きで、早くラグビーがしたいと思った。負けず嫌いなので、このままではいられないと、病院でも階段の上り下りをし続けた。とにかく復帰したい一心でした。だから普通の人より早く復帰できたのだと思います。
 もう1つの質問ですが、チームメイトが怪我した場合、一番大切なのは“声をかけてやる”ということです。それとリハビリのサポートをすること。自分の知っているいい病院を紹介したりだとか、同じところを怪我したことがあるなら、一番治りの早い方法を勧めること。とにかく、その都度声をかけてあげることが大事です。“お前を待ってる”という気持ちを伝えること。ほっとかれると、“必要ないんだ”、と考える選手も中にはいます」


―試合前に、気持ちを良い状態に持っていく方法は?

 「僕の場合ですが、最初に観てもらったあの10分間のビデオを観ます。一番調子のいいときの。何回もこれを繰り返し観て、試合で同じようなプレーが出来たり、というのが多々ありました。
 ひとつ言えるのは、“頑張る”とかではなく“楽しめているか”ということ。自分を客観的にみて、“俺調子いいな”、“イケてるな”、とか、自分で自分を盛り上げる。ポジティブに考えれば、どんどん上手くいく。とにかくポジティブになることです。そして自分を客観的にみてリラックスすること、今日何をすればいいかのテーマを決めること。
 あと僕は以前キッカーだったのですが、プレースキックを蹴るとき、“入れたいなぁ”、じゃ駄目なんです。ふっ、と無になる。音が聞こえなくなる。すると自然に足が出る。代表のときは本当に入りました」


―選手兼監督をする機会を頂いているのですが、そこで大事なこととは?

 「選手と目線を一緒にすること。上から人を見ない。そうすることでお互いの気持ちや感じ方がわかる。僕も7人制ラグビーの選手兼コーチをしていましたが(現在は監督)、たくさんの選手が怪我をしてしまい、僕が試合に出ることになったことがあります。しかし上手くプレーすることができました。それは、選手と一緒の目線でやってきていたからだと思います」


―スポーツをしていく上でこれだけは、という気持ちはどんなこと?

 「そのスポーツを愛することです。それによってそのスポーツを理解し、極めることが出来る。これは好きな人とかでも同じことです。たとえフラれてしまうとしても、まずアタックすることによって、自分の思いを伝えることができる。アタックしなければなにも始まらない。アタックすることにより、お互い共有し合い、それぞれの意気(感覚)が合えば愛し合えるのかな、と僕は思う」

DSC_0293_278mini.jpg
 最後に、ジャンケンで村田さんに勝った2名に素敵なプレゼントがありました!


(松本かおり・文2)
DSC_0244_241murata.jpg


リーダースキャンプ2日目に行われた講演会、
専大ラグビー部OB村田亙氏による「トップアスリートとしての軌跡」の模様を近日中に公開します。
お楽しみに!
 第44回専修大学体育会リーダースキャンプが、3月5・6日、熱海市の「熱海後楽園ホテル」にて行われた。主催は専修大学体育会本部。体育会の主将・主務約100人が一同に会し、講演会や実習・発表を通して、リーダーとしての意識の向上をはかり、また各部間の親睦を深めた。

 1日目の講演会は、昨年常総学院高より専大松戸高の野球部監督に就任した持丸修一氏。リーダーとしてのあり方を、高校と大学の違いを例に分かりやすく論じた講演は、悩める新リーダーたちの心を惹き付けた。

 2日目は、今年2月に現役を引退し、7人制ラグビー日本代表監督に就任して間もない、村田亙(平2文・ラグビー部OB)氏の講演。専大時代の思い出も交えながら、今なお挑戦し続けるラグビー人生の経験を、映像と共に語った。まさに今回のテーマである『今後の自分の新しい行動のあり方を探る』をベースに、未知の自分に懸け、挑んでいく姿勢の大切さを、熱く学生に伝えた。

 2日間通しての実習では、「自己資質の明確化-リーダーに求められる資質とは-」をテーマに、団体競技と個人競技の主将と主務それぞれに分かれてグループを組み、ディスカッションを行った。

 2日間寝食を共にし、普段の生活ではなかなか出来ない経験が詰めこまれた時間は、非常に充実したものとなった。



DSC_0010_063mini.jpg
体育部長 加藤茂夫氏

P1110519mini.jpg
開会式の様子

DSC_0045_097mini.jpg
講演会1日目 持丸修一氏

DSC_0323mini.jpg
体育会本部委員長 若月麗

DSC_0076_129mini.jpg
実習:ディスカッション風景1

P1110574mini.jpg
実習:ディスカッション風景2

P1110613mini.jpg
実習:グループ代表による発表1

P1110637mini.jpg
実習:グループ代表による発表2

DSC_0367mini.jpg
閉会式で行われた、各部昨年度反省と今年度の抱負発表


(取材:新海城生・経済3、松本かおり・文2、庄司亮介・文1、渡辺知美・文1)
DSC_0862mini.jpg
▲2位入賞の井上(左)

 本日3月9日に立川市・国営昭和記念公園で行われた第11回日本学生ハーフマラソン選手権大会(第27回立川・昭島マラソン併催)において、井上直紀(商2・報徳学園高)が、1時間3分32秒の自己ベストで2位入賞の快挙を果たした。
 井上と1位の選手との差は1秒。1位から6位までが7秒差という、最後まで熾烈なトップ争いが繰り広げられるレースとなった(下記録参照)。
 3年の木下卓己(商3・堀越高)も序盤は先頭集団で井上と共にレースを引っ張り、終盤までトップ集団のすぐ後ろにつける活躍をした。
 また、ハーフ男子一般の部で専大陸上部OBの赤木淳一(平成19商・JAL・GS)が優勝した。


ハーフ大学生男子の部 入賞者記録

1 安田昌倫 明 治 1時間3分31秒
2 井上直紀 専 修 1時間3分32秒
3 野口拓也 日 体 1時間3分34秒
4 伊藤太賀 拓 殖 1時間3分35秒
5 天野 峻 神奈川 1時間3分37秒
6 川内優輝 学習院 1時間3分38秒
7 岩田真澄 山梨学 1時間3分57秒
8 高橋和也 早稲田 1時間3分57秒


加藤覚監督コメント
「出足が良かったですね。上位は狙えると思った。(井上選手については)表情にも余裕があったし、15キロ地点で入賞はできるなと思いました。いつも最後のところでスピードがないから抜けてしまうが、非常に力がつきました。彼の強さはやはり練習ができるということ。1年間故障せず、どんなときでも練習をする、それができたから、ここで出せたのだと思う。練習ができることが全てです。彼はひたむきに頑張るし、情熱がある。2年の後半でこうして結果が出せたということは、やはり今までの練習が大きい。第二の座間になってくれれば、非常に助かる」

井上直紀コメント
「今日はまずまず走れた。練習どおり出せた。でも、ここまで良かったというのは意外。自己ベストが出せて良かったです。ラストで離された以外は良かった。
(気温が高かったことと、それに関して給水の配分はどう考えたか)気温は関係ないです。給水もとりませんでしたが、(結果的に)飲まなかったほうが良かったと今は思う。給水であまり変わることはないです。(トップ争いに関して)ラストで離されたのは痛い。(この結果に満足ではないと)満足はない。今日は普通ですね。勝てなかったのは反省です。今日はずっとみんな(1キロ)3分ペースで、誰もラストに仕掛けなかった。そこから少しずつばてたと言うか、集団から離れていく人が出てきた中で、スローペースにはならなかった。展開に恵まれたのが大きいです。
次は関カレでこのような走りが出来るように、そして箱根に向けてチームの核となり、引っ張っていけるよう頑張りたい」

DSC_0003mini.jpg

DSC_0005mini.jpg

DSC_0006mini.jpg

DSC_0012mini.jpg

DSC_0014mini.jpg

DSC_0017mini.jpg

DSC_0022mini.jpg

DSC_0024mini.jpg

DSC_0026mini.jpg

(取材:松本かおり・文2、久田照喬・商1)
 3月2日、第26回三浦国際市民マラソンが三浦シーサイドコースにて開催された。

 9時37分にスタートしたハーフの部(21.0975km、三浦海岸~城ヶ島折り返し)で、今年箱根の10区も走った柴内康寛(経営4・横浜高)が、1時間11分52秒のタイムで優勝。ハーフマラソン出場者3736人のトップでゴールした。

 1~3位までの記録は以下の通り。

1  柴内 康寛  専修大学     1:11:52  

2  藤澤 広明  TOREX      1:12:36

3  菅 大治郎  松下電工(株)  1:13:51


柴内康寛コメント(3月16日多摩川リバーサイド駅伝にて)
「この大会でハーフの招待選手は自分一人だったが、実は故障していた。でもとにかくスタートに着こう、ゴールだけを目指して頑張ろう、と思った。専大のユニフォームを着た以上は、下手な走りは出来ない。タイムは良くないが、期待に応えられてよかった。
(専大陸上部ファンに一言)これからどんどん発展していくのでますますのご声援をよろしくお願いします!」

DSC_0236mini.jpg
柴内康寛(写真は3月16日多摩川リバーサイド駅伝にて)

(松本かおり・文2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。