【旧】専大スポーツWeb-専修大学体育会情宣局編集部-
すべての著作権は専大スポーツ編集部に帰属します。Blog内に掲載の記事・写真・その他全てのコンテンツの無断転載・利用を禁じます。

2007/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0011enzin.jpg



 11月25日14時より、日大稲城グラウンドにて、関東大学リーグ戦の最終戦、対山梨学院大戦が行われた。
 前半は終了間際に2本目のトライを決め、12-5とリードして折り返す。後半40分、中野幾太郎(商4・近大付属高)が決定的とも思われたトライを決めるが、そこでは終わらなかった。ロスタイムにトライを決められ、逆転されて、29-33で試合終了。

 選手たちは悔しさで涙に暮れた。しかし、いつまでも暗い表情ではなかった。全員で完全燃焼した素晴らしい闘いであった。前年度2部3位校と、4位校の激突であったが、実力はまさに拮抗していた。昨年と同じ2部4位の結果に終わったが、今シーズン通して、確実に鍛えられてきた下級生が、また来年、この悔しさを晴らそうと厳しい波に立ち向かっていく。

 なお、関東大学ジュニアの入れ替え戦は12月8日に専大伊勢原Gで行われる(時間は未定)。


       前 後
       12-5
●専大 29     33 山学大○
       17-28


《専大の得点経過》

     トライ                 ゴール
前半
26分 モール・永下安武(商4・天理高)  石井悠介(商4・桂高)×
41分 八役大治(商3・天理高)          〃        ○

後半
15分 永下安武(商4・天理高)       石井悠介(商4・天理高)○
19分 モール・岩宮壮(営2・報徳学園高)    〃         ×
40分 中野幾太郎(商4・近大付属高)      〃         ×


◎榎本邦夫監督
「(昨シーズン終了後、「チームとしてのまとまりに欠けていた」と語られていたが?)昨シーズンが終わってからは、だいぶチームにまとまりが出てきた。また来年、最低からのスタートになるが、もっともっとハイレベルになるように頑張っていく」

◎主将・吉田克也(営4・長崎北高)
「最後の試合で、1年間練習してきたことが出せたのではないかと思う。シーズンに入ってチームが同じ目標に向かって一つになれた。(後輩たちに向けては)今日のような熱い試合をいつもしてほしい。出ている選手だけでなく、チーム全体で盛り上げ闘うような。(主将としてチームを牽引する中での苦労は?)個人的なことになるが、怪我が多く、プレーしながらチームを引っ張るということが、できなかった。プレーしていないと限界があると思った。それでも、その中で何が出来るかということ。怪我をしている者は、リハビリを練習時間以外でするようにした。そして練習のときはひたすらチーム練習を見て、指示を出したり、少しでもアドバイスや、自分の知識を言葉で伝えるようにした。また、普段の寮での生活もプレーに関わってくるので、プレーヤーとしての生活を正していくことも心掛けた」

◎学生コーチ・平家健太(商4・啓光学園高)
「これが実力です。陣地取りなど、継続してやってきたことは出来た。個人の能力は相手が高かったが、チーム的にということはない。難しいですね。(コーチとして苦労したことは?)ありません」

◎副将・永下安武(商4・天理高)…FWキャプテン
「(今シーズンを評価すると?)去年よりはよくなった、と思う。今日はこうなる(苦しい接戦になる)とは思っていた。今日の試合をして、継続してやることは本当に大事だと、つくづく思った。(後輩たちに向けては)途中でやる気を無くしたりする奴もいずに、みんなが頑張ってほしい」

◎副将・山崎雄三(経済4・美幌高)…BKキャプテン
「自分たちのやってきたことが出せたという手応えはある。もうちょっと自分たちに厳しく出来れば。小さなミスもです。(BKのキャプテンとしての苦労は?)自分は何もしてないです。4年生のBKみんなで協力して、意見を出し合ったりしていたので。(後輩に向けては)どれだけ自分たちに厳しく出来るかです。“上がりたい”っていう気持ちがないと絶対に勝てないですから」


DSC_0145sukuram.jpg


DSC_0175sukuram2.jpg


DSC_0219try.jpg
敵陣マイボールのスローインから、モールで優勢になり、そのまま強引に押し切った。トライは永下

DSC_0290takkle.jpg
相手外国人選手を止めに行く

DSC_0310hachiyaku.jpg
前半終了間際、自分で蹴ったキックを相手がゴール前でキャッチミス、それを自らトライ。八役

DSC_0385tukkle.jpg
松下進吾(経済3・長崎北陽台高)

DSC_0402try.jpg
後半15分、相手の意表をつく、刺す様なトライだった。永下

DSC_0436abu.jpg
永下

DSC_0505kantoku.jpg
榎本監督の檄にも力がこもった

DSC_0578nakano.jpg
中野幾太郎、相手を抜き去る

DSC_0590try!.jpg
トライを決めた中野。駆け寄る上原圭司(営3・近大付属高)、森元光俊(営4・御所工業高)

DSC_0597guts.jpg
大歓声の渦の中、ガッツポーズの中野

DSC_0627syuryou.jpg
試合終了時刻、トライを決められた

DSC_0628rei.jpg


DSC_0629rei.jpg



感動をありがとうございました。



スポンサーサイト
 お知らせするのが遅くなってしまいましたが、ラグビー部の応援ポスターを制作しました。専修大学生田キャンパス内の食堂などに貼ってあります。

DSC_0005mini2.jpg


 今後もっといろいろな部活を、こういった形でも応援していきたいと思います。
 もっと多くの方々に、その部のことや、また専大スポーツの活動も知ってもらうため、努力していきたいと思っておりますので、もし見かけたら是非注目してみてください。よろしくお願いします。
DSC_0458tamon.jpg
敵陣ラインアウトから、永下→田門とつないでそのままトライ!開始2分、先制点で勢いをつけた。写真は田門

DSC_0866usiro.jpg
後半7分のトライ後、喜びをわかちあう選手たち


 11月11日、トヨタ府中グラウンドにて14:00から関東大学ラグビーリーグ戦の対埼工大戦が行われ、専大は19-46で敗れた。

 今季入れ替え戦への出場はなくなったが、翌々週の最終戦で対戦する山梨学院大とは、現在勝ち点18で並ぶ。最後に勝ちで締めくくり、3位(昨年は4位)で終わることが出来るか。

 本日は、メンバー構成を前回までの試合と、大幅に変えて挑んだ専修。全員で戦ったことに変わりはない。試合前の円陣の声は、心を揺さぶるものがあった。スクラムから伝わってくる空気には重い迫力があった。試合中何度も、内外で、互いを叱咤激励し合う声が飛び交った。

 相手の埼工大には一回り大きな外国人選手が2人メンバーに入っていたが、何回もタックルにいき、倒すことができていた。
 自陣ゴール前、何人もで外国人選手をタックルで阻止しにいき、そのあと出されたパスを受けた、次の選手にもさらに対応することは難しい。そこも今後の課題であるかもしれない。だが今日の専修のプレーは、見ていて悔いの残る内容では決してなかった。後半7分までは3点差であった。そのあと得点を重ねられても、誰もが最後まで諦めず、自分たちでチャンスを作ろうとした。いい試合だった。

       前 後
      14-22(PG1)
●専大 19     46 埼工大○
       5-24


《専大の得点経過》

     トライ        ゴール
前半
02分 田門宗(営4・保善高)   石井悠介(商4・桂高)○
30分 永下安武(商4・天理高)   〃        ○

後半
07分 モール           〃        ×


DSC_0455lineout.jpg
ラインアウト

DSC_0463tamonuehara.jpg
田門のトライ後。上は上原圭司(営3・近大付属高)

DSC_0609nagasita.jpg
前半30分、ディフェンスに風穴を開ける選手、永下のトライ 

DSC_0859moll.jpg
モールトライの瞬間

DSC_0031isii.jpg
後半、何度もチャンスを作った石井

DSC_0038nagasita.jpg
永下



*****************************************************************


 また、11月10日には関東大学ラグビーリーグ戦ジュニアが、専大伊勢原グラウンドにて13:00から行われた。グラウンド状態が悪い中、前半、インゴール内で滑ってしまったものの番匠達也(商2・青森工業高)がトライ直前までいくなど惜しい場面があった。

       
       前 後
      0-10
●専大 0     48 立正大○
      0-38


DSC_0050kunie.jpg
國江孝太(商1・関商工高)

DSC_0145moll.jpg



 そのあとにCチーム戦も行われた。後半の最後にモールで野地秀平(営1・崇徳高)がトライを決めた。


       前 後
      0-19
●専大 5     34 立正大○
      5-15


《専大の得点経過》

     トライ        ゴール
後半
40分 野地秀平(営1・崇徳高)  中曾根優児(経済4・専大付属高)×

DSC_0437try.jpg
トライの瞬間



(松本かおり・文2)
11月4日、12時より国士舘大学グラウンドで行われた2部リーグ対日大戦の結果。


前 後
      7-26
●専大 14    74 日大○
      7-48(PG1)

《専大の得点経過》

     トライ           ゴール
前半
10分 中野幾太郎(商4・近大付属高)  石井悠介(商4・桂高)○

後半
1分未                PG石井悠介 〃   ×
45分 中野幾太郎(商4・近大付属高)  石井悠介  〃   ○


DSC_0035nakano.jpg
先制点は専修!中野幾太郎

DSC_0044nakanoisii.jpg


DSC_0048no1.jpg


DSC_0055isii.jpg
石井悠介

DSC_0083nagasitasakai.jpg



(松本かおり・文2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。