【旧】専大スポーツWeb-専修大学体育会情宣局編集部-
すべての著作権は専大スポーツ編集部に帰属します。Blog内に掲載の記事・写真・その他全てのコンテンツの無断転載・利用を禁じます。

2007/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東都大学野球春季1部リーグの全日程が5月30日に終了し、専大は3勝10敗1分の勝ち点0で最下位となり入れ替え戦の出場が決まった。なおベストナインには二塁手で馬場強司(商3・東邦高)、三塁手で久保田健仁(商3・明徳義塾高)の2名が選出されている。

 東都大学野球春季1部2部入れ替え戦が6月9日から11日にかけて(10日は2回雨天中止ノーゲーム)、2部1位の立正大を相手に行われた。3―7で敗れた1戦目に続き、2戦目も2-5で敗戦した為、来季の2部降格が決定。敗れはしたが2戦目で適時打を含む3安打を放った山田晃典(経済3・金沢高)を中心に意地をみせた。入れ替え戦で見せた姿勢を秋につなげて欲しい。試合終了後、立ち上がれなくなる程に感じた悔しさを糧に、諦めず絶対に這い上がろう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。