【旧】専大スポーツWeb-専修大学体育会情宣局編集部-
すべての著作権は専大スポーツ編集部に帰属します。Blog内に掲載の記事・写真・その他全てのコンテンツの無断転載・利用を禁じます。

2006/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男子シングルス 原雅彦  ベスト8
女子シングルス トン舟  ベスト8
男子ダブルス 立石・徳増組 ベスト8


 関東学生選手権大会が6月28日から30日まで、駒沢体育館にて行われた。男子シングルスで原雅彦(商4・青森山田高)、女子シングルスでトン舟(商4・中越高)がともにベスト8。男子ダブルスでも立石イオタ良二(商3・柳川高)・徳増信弥(経済1・杜若高)ペアがベスト8と健闘した。

 けがによりコンディションが万全とはいえなかった原だが、試合が始まると次々に勝ち上がり、水野(明大)との準々決勝は「攻めの気持ち」で挑んだ。1セット目、マッチポイントを奪うも逆転され10‐12。2セット目は積極的な攻めで得点を奪い11‐6と試合をイーブンに戻したが、その後巻き返されセットカウント1‐3で敗退した。
「レシーブとブロックを強化し、インカレに挑む」。試合後原はこのように語り、8月のインカレに向け更なる飛躍を誓った。
                        

(橋本 麻未・経済3)
スポンサーサイト
今日は新入部員歓迎会を行いました。
4年生の先輩も忙しい中駆けつけて下さり、大変楽しい会となりました。
M先輩、ありがとうございました。
また、大学職員の方もこのサイトを見てくださっていることが判り、個人的に意欲がわきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
次回の飲み会は6/30(金)
勝手に決めんな!ってクレームは次回のミーティングでじゃんじゃん受け付けます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。