【旧】専大スポーツWeb-専修大学体育会情宣局編集部-
すべての著作権は専大スポーツ編集部に帰属します。Blog内に掲載の記事・写真・その他全てのコンテンツの無断転載・利用を禁じます。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7月20日に江ノ島ヨットハーバーにて、8月号に掲載される「専スポ新入部員部活体験記」の取材が行われた。
 
DSC_0019-2.jpg


 ヨット部は、毎週土日に泊まり込みで練習をするという。朝海へ出ると、そのまま夕方まで陸へは戻らないので、昼食も海の上である。

 ヨットは通常2人組で操縦する。たくさんのロープを操り、帆の向きを変える。風と潮の流れで判断しなければならない。一歩間違えれば命にも関わるので、2人のチームワークがとても重要な鍵となる。

DSC_0048-2.jpg

DSC_0097-2.jpg


 沖に出ると、江ノ島をバックに遠くの海水浴客が小さく見える。モーターも付いていないので、海の静けさを感じることができる。そして何よりも、潮風が気持ちよい。
 ヨットというと、お金持ちの人がするスポーツに思われがちだが、実際は、1つのものを使い続けるのでボロボロの物が多い。試合は、審判の目が届きにくいので、野球やサッカーでは有り得ない程に“権利の主張”が激しいらしい。優雅なイメージとは一変、心の折れない強いメンタル面のいるスポーツなのだ。

 部員のほとんどは初心者で、海が好きな人や新しいことに挑戦したくて入部した人が多い。女子の競技人口も増えていて、最近では女子だけのレースもあるほどだ。

DSC_0055-2.jpg


 そしてこのヨットは、オリンピック種目にもなっている。これからもぜひ注目したいスポーツだ。

取材=庄司亮介(文・2)[写真]、森住綾(文・1)[文章]、大津智世(経営・1)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。