【旧】専大スポーツWeb-専修大学体育会情宣局編集部-
すべての著作権は専大スポーツ編集部に帰属します。Blog内に掲載の記事・写真・その他全てのコンテンツの無断転載・利用を禁じます。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 10月5日、茨城県のつくばカピオにて、関東大学女子バスケットボールリーグ戦10戦目、リーグ戦勝ち星がなかった日本体育大学との2戦目が行われ、1戦目は専大が103-61で圧勝したものの、2戦目は73-77で惜しくも破れてしまった。これで専大はリーグ戦4勝6敗となった。


≪スターティング5≫
4番 PG 大野遥(経営4・市立柏高)
5番  F 横山悠衣(文4・市立柏高)
11番 PF 相原渚(経営3・実践学園高)
15番 PG 高橋香澄(経営3・昭和学院高)
91番 PF 藤岡恵美衣(商1・幕張総合高)

 

 第1クォーター目序盤、5番の横山の3ポイント、91番の藤岡のインサイドプレーなどで流れを掴んだ。しかし、ディフェンスでファールがかさむなどミスが出始める。ディフェンスの流れは徐々にオフェンスにも影響し始め、雑になってしまう。逆に、日体大にそのミスをつかれ速攻からの日体大のエース堀川の3ポイントを決められるなどリズムをつかまれる。専大も15番の高橋のカットインなどで点を重ねる。しかしリズムを掴めないまま16-19とリードされて第1クォーター終了。
 

 第2クォーターは専大のシュートミスから日体大に速攻を連発されてしまう。何とか流れを渡すまいと、専大も15番の高橋の3ポイントなどで得点する。しかし相手のカットインにたまらずファールをしてしまう場面もあり、専大は流れをつかめないまま35-45で前半を終えた。


 第3クォーター序盤、専大はディフェンスに粘りを見せ、リバウンドからの速攻から、4番の大野、15番の高橋のシュートが決まり、2分で2点差まで追いつく。そこからは我慢の展開となり、両チームのディフェンスが冴え、互いに流れを渡さなかった。57-58と専大が1点ビハインドで第3クォーターを終える。



 第4クォーターも激しい攻防が続くが、中盤になると専大にシュートミス、パスミスが出始め、相手に速攻を許してしまい残り4分で8点差をつけられてしまう。しかし残り2分、専大のオールコートディフェンスが見事にはまり、4番の大野の3ポイントでついに73-73と同点に追いつく。しかし最後は日体大の堀川に決められてしまい、73-77で試合終了。惜しくも日体大に敗れてしまった。


 試合後、児玉監督は「昨日大差で勝ったということで気が緩んだ部分もあった。ゲーム運び自体うまくいってなかった。ファールがかさみ、思い切ったディフェンスが出来なくなり、ディフェンスから流れが悪くなった。」と悔しそうに語った。
 これから松蔭大や白鴎大との対戦がありますが、という問いに監督は「普通にやっていたら絶対勝てる。今日のようなゲームはしてはいけないだろう。」と気を引き締めていた。


(御嶽直生・法1)
スポンサーサイト
9月27日、秦野市総合体育館にて関東大学バスケットボール秋季リーグ第7戦が行われた。

ここまで日体大・法大・大東大を下し6連勝中と好調の専大。

今日は秋季リーグ1勝5敗と苦しむ中大と対戦した。


スターティングメンバー
11 藤井 元気
15 増川 翔太郎
20 張 威威
22 鈴木 正晃
28 能登 裕介



第1ピリオド序盤、現在1部リーグで得点ランキングトップに立つ#7佐藤を軸とする中大の攻撃をとめることができず連続失点を許してしまう。
専大も#22鈴木を中心に巻き返しを図り、ゲームは18-18の平行線のまま第1ピリオド終了。

バスケ1

続く第2ピリオド。両チームともミスが目立ち、互いに自分達のプレーをすることができない。
なかなか波に乗ることが出来ずにいたが、ゲーム中盤から中大の3ポイントシュートが決まりだし流れを相手に持っていかれる。
終了間際、ブザーととも3ポイントシュートを決められ、34-27と中大に7点のリードを許し前半を終える。

バスケ

第3ピリオド、開始早々から中大#7佐藤が大活躍し、点差を広げられる。
専大も得意とするインサイドからの攻撃を仕掛けようとするが、なかなか思うように得点に繋げることが出来ない。その後も点差を縮めることが出来ず41-54と点差を13点差に開かれ最終ピリオドへ。

最終第4ピリオド、今まで自分達のプレーをさせてもらえなかった専大だが、#10飯田がリバウンドやポストアップからのシュートでインサイドを支配すると流れは一気に専大へ。中大も攻撃の手を緩めないが、波に乗った専大の勢いを止めることができない。
残り5分、ついに#15増川の得点で専大が54-54の同点に。その後も点の取り合いが続くが中大2点リードのまま試合終了と思われた。
しかし今の専大は違う。
残り11秒、#0堤のシュートが決まり、64―64の同点で勝負は延長戦に突入。

延長戦、#15増川が華麗なレイアップシュートやフリースローを決め、相手にゲームの主導権を譲らぬまま73ー69で専大が大きな1勝を収めた。

試合結果
○専大ー中大×
73-69 


バスケ3


試合後、中原監督は『今日の試合もしんどかった。今チームが連勝していて、どこかで負けてはいけないというプレッシャーがあり、変な硬さがあった』と接戦を振り返る。

第4ピリオドで一気に流れは専大にきたのでは?との質問に『第4ピリオド以降は変なミスもなくなり、ようやく自分達のプレーをすることができた。インサイドにボールを集めてから攻撃に運ぶことが出来れば流れをこちらに持ってくることができる』とコメント。

最後にまだまだリーグ戦は続きますが意気込みを一言との問いかけに『まずは明日の試合を勝つこと。一戦一戦を大事に頑張ります!』と答えてくれた。

中大との第2戦は28日12時から国立代々木第二体育館にて行われる。

秋季リーグ、絶好調の専大。10月4日に行われる強豪・青学との試合に良い流れで臨むことが出来るかどうかは明日の試合にかかっている。

厳しい試合になることが予想されるが、専大の粘りのプレーに期待したい。

(【記事】大津智世・経営1、森住綾・文1)
9月21日、神奈川県の東海大学体育館にて関東大学バスケットボールリーグ戦、第6戦目が行われ、専大は大東文化大学と対戦し、80-77で苦しみながらも勝利を収め、リーグ戦無傷の6連勝を飾った。
 

 序盤は、大東文化の3ポイントやコンビプレー、ラフプレーに苦しむが、22番の鈴木正晃(商4・静岡学園高)、などのスティールからの速攻や、20番の張威威(経営2・霞ヶ浦高)のリバウンドなどディフェンスから段々流れを作っていった。オフェンスは張、10番飯田貴大(経済4・飛龍高)、15番の増川翔太郎(商4・逗葉高)のポストプレーなど、インサイド中心に攻めていった。前半は37-31と6点リードして折り返す。
 


 後半は、鈴木、0番の堤啓士郎主将(経営4・福岡大附大濠高)の1対1のドライブから11番の藤井元気(経済3・水島工高)の3ポイント、張のインサイド攻撃など多彩な攻撃を見せ、3クォーター終了時点では、58-50と8点リードしていたが、4クォーター目終盤、大東文化のオールコートディフェンスに苦しみ、相手の3ポイントで、残り17秒で76-75と1点差まで追い上げられるが、相手の2回のファールでもらったフリースローを、藤井が冷静に決めて、80-77で粘る相手をふりきった。


  試合後、中原監督は「きつかった。ディフェンス、リバウンドをベースにこれまでやってきて、くずれることなく出来た。オフェンスは張、飯田、増川のインサイドを中心によく体を張ってくれた。大東文化とは何年もやってなかったからきつくなることは予想できた。リーグ戦はまだ先が長い。何勝したかは気にせず、1試合、1試合ゲームプランを作って、オフェンスを重視していきたい。中央大戦が1番の山になるだろう。」と気を引き締めていた。まだ始まったばかりだが、ぜひともリーグ戦制覇を成し遂げてほしい。







《スコア》
     専修大      大東文化大
      80   -    77

 1    20   -    20   
 2    17   -    11
 3    21   -    19
 4    22   -    27


(御嶽直生・法1/菅原亜美・文1)
080920aihara1.jpg
▲日女体大の驚異的なセンター、中国からの留学生・李(写真左)が専大の前に立ちはだかる。右は相原。日女はガードもフォワードもパワーのある選手が多く、専大は激しい当たりに攻めあぐみ24秒オーバータイムになりそうな場面が多く見られた 


 
 9月20日、埼玉県の浦和駒場体育館にて、関東大学リーグ戦7日目、日本女子体育大学との1戦目が行われ、93-72で完敗を喫した。
 児玉茂監督が「怖いチーム」と話していた日女体大。第1ピリオドでは専大がリードしていたものの、徐々にシーソーゲームへと展開、その流れは第3ピリオド前半まで続く。しかし、3ピリ残り6分から試合終了まで、一度合ってしまった日女体大の歯車を止めることができなかった。専大も主将の大野遥(経営4・市立柏高)や相原渚(経営3・実践学園高)を中心に気を吐き、点を返していったが、終始流れを掴むことはできなかった。
 本日21日の13時40分から同会場で行われる2戦目で意地を見せることができるか。


《スコア》

専修大           日本女子体育大
        24-21
 ● 72   18-24   93 ○
        16-25
        14-23



080920aihara2.jpg
▲相原

080920fujioka.jpg
▲藤岡恵美衣

080920oono.jpg
▲大野

080920oono2.jpg
▲大野

080920yokoyama.jpg
▲横山悠衣


(松本 かおり・文3)

080914oono.jpg
▲キャプテンの大野遥(経営4・市立柏高)


 8月30日から始まった関東大学女子バスケットボールリーグ戦。
 第6試合が本日9月14日、拓殖大学の八王子キャンパスにて行われた。相手は早稲田大学。昨日の1戦目では、第2ピリオドの得点が相手の29に対しこちらは6と完全に封じられたのが響き、74-66で敗れたが、本日の2戦目では序盤からリードを守り、74-61で勝利した。

 試合前、児玉茂監督は「普通にやれば大丈夫」と話していた。1ピリオド開始して、流れは悪くない。内外のシュートも決まる。ただファウルを多く取られ、フリースローで稼がれてしまう。だが残り1分半、橋住桃子(文4・相模女子大高)の気迫あるバスケットカウントが、萎縮することなく攻める姿勢をチームに示す。26-15で11点リード。

080914hashizumi.jpg
▲橋住桃子

 第2ピリオド開始、1ピリで陥りかけたファウルトラブルから脱出。早大はほとんど得点できない時間が続く。専大は外角は決まらないものの、ゴール下で得点を重ね引き離しにかかる。このまま2ピリも終了するかと思われた残り2分。早大側タイムアウトののち、立て続けに2本決められ、逆にこちらの得点が伸びなくなる。珍しくパスミスも出て、残り1分43秒、専大タイムアウト。29-39で10点リードはしているが、この流れを持ち込んだまま3ピリには入りたくないところだ。だが1分10秒、さらに早大にバスケットカウント。ここでこの流れを断ち切ったのが相原渚(経営3・実践学園高)。ゴール下でファウルをもらい、フリースローをきっちり2本とも決める。さらにターンオーバーで速攻、内村有里(経営2・浜松市立高)がレイアップを決め、最後はハイポストから藤岡恵美衣(商1・幕張総合高)。見事に流れを奪い返し、45-32で前半終了。

080914aihara.jpg
▲相原渚

080914uchimura.jpg
▲内村有里

080914fujioka.jpg
▲藤岡恵美衣


 第3ピリオドは再び3ポイントも決まり出し、ほとんどの時間、専大の攻めが続いた。完璧にこちらのペースができ、早大は疲れからか次第にミスが目立ち始める。62-41と20点近くリードし4ピリへ。ここでも流れは続いたが、最後の部分で少しだけ追い上げられる場面も。3ピリ終了時と同じ13点差の74-61で試合終了。
 「いろいろと反省点はあるが、今日は良くやれたと思う。それだけに昨日の負けが痛い。次の相手は日女(日本女子体育大学)。ここが怖いチーム」と児玉監督は話し、休む間もなくその次に行われた日女vs白鴎のゲームの視察へ。

 来週20・21日は、埼玉の浦和駒場体育館にて、先述したとおり日本女子体育大との2戦。両日ともに13:40より行われる。


080914oono2.jpg
▲速いドライブからキレのあるストップでジャンプシュート。162センチは大学バスケでは小柄かもしれないが、高さのハンデを感じさせない全身バネと、体全体を使ったプレーは見るものを魅了する(大野)


080914takahashi.jpg
▲筑波戦で鼻を骨折し、フェイスマスクを着用の高橋香澄(経営3・昭和学院高)だが、冷静なゲームコントロールや強気なプレーに、支障は感じられなかった


080914yokoyama.jpg
▲横山悠衣(文4・市立柏高)。全大学が警戒する3ポイントシューターだが、3だけではない。常に全体を把握し、難しい場面でも安定して合わせてくるプレーヤー



【ここまでの専大の大会結果】

vs拓殖大
8月30日 1戦目 78-59 で勝ち○
8月31日 2戦目 87-84 で勝ち○

vs筑波大
9月6日 1戦目 59-63 で負け●
9月7日 2戦目 59-76 で負け●

vs早稲田大
9月13日 1戦目 74-66 で負け●
9月14日 2戦目 74-61 で勝ち○
 

※残り8試合
vs日本女子体育大(9月20・21日)
vs日本体育大(10月4・5日)
vs松蔭大(10月11・12日)
vs白鴎大(10月18・19日)

080914zyobasu.jpg


(松本 かおり・文3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。