【旧】専大スポーツWeb-専修大学体育会情宣局編集部-
すべての著作権は専大スポーツ編集部に帰属します。Blog内に掲載の記事・写真・その他全てのコンテンツの無断転載・利用を禁じます。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 9月18から21日にかけて、相模原市立総合水泳場ほかで日本学生選手権が行われ、専大は3位決定戦に敗れはしたものの、4位以内に入り、2年連続となるインカレのシード権を獲得した。


 専大は2回戦からの出場で、初戦は中京大学。毎ピリオドごとに得点を重ね、18-5で勝利。

 2日目の準々決勝は立命館大学。この試合も安定した力を見せ、15-4で勝利。この時点でベスト4入りが決まり、来年度のシード権を獲得。


 3日目の準決勝の相手は昨年度の覇者、日本体育大学。今年度もその力は健在だった。9-21で敗退し、3位決定戦に進むこととなった。


 迎えた最終日、3位決定戦の相手は日本大学。
 第1ピリオドは専大が先制したものの、追いつかれ、2-2。

 第2ピリオド、一瞬の隙を突かれて、日大に4-6とリードを許す。

 第3ピリオド、お互い譲ることなく、2点ずつ加えて6-8と点差は変わらず。

 第4ピリオド、専大は1点差とし、再三にわたってチャンスがあったものの、粘りを見せる日大から同点となる1点が取れないうちに逆に1点奪われてしまい、そのまま7-9で試合終了。昨年度と同じく4位となった。

 3位決定戦で得点を挙げた選手たちは堂下直樹(経営3・鹿児島南高)をはじめとして2、3年生も多く、来年度の活躍とインカレでの更なる上位入賞が期待できるだろう。

(庄司亮介・文2)
スポンサーサイト
 2月23、24日にジャパンオープン2008(日本短水路選手権水泳競技大会)が東京辰巳国際水泳場で行われ、岩崎優(経営4・湘南工科大附属高)が自由形50m、100m、200mで活躍した。

 23日の50m、200mでは両種目とも準優勝、24日の100mでは54秒64で優勝を果たした。100mには、50m、200mそれぞれの今大会優勝者も出場しており、結果も4位までの差が1秒もない接戦となった。

 また、同じく自由形の200mに池永早弥佳(法2・東京立正高)も出場し、6位入賞を果たした。

(庄司亮介・文1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。